男性

貧血はサプリメントで鉄分を補って解消しよう

血に関する症状

女性

症状の違い

貧血と低血圧は似た症状のため、混同されている方も多いです。同じような症状として、めまいや立ちくらみがありますが、なってしまう原因には違いがあります。まず貧血ですが、血液中のヘモグロビンの濃度が低くなった状態となります。このヘモグロビンは酸素を運ぶ役割をしており、ヘモグロビンの濃度が薄くなってしまうと、酸欠状態に陥ってしまいます。酸素が足りない状態となるため、呼吸が激しくなってしまったり、心拍数が上がってしまいます。症状が酷くなってしまうと、顔が青白くなってしまい、動けなくなってしまいます。一方低血圧は、ヘモグロビンの濃度は正常となりますが、心臓から送り出す力が弱まってしまったり、血管の送り出す力が少なくなってしまうと血圧がさがってしまうという状態となります。血圧が下がってしまうことで脳の酸素不足に陥り、貧血と同様の症状が出てしまいます。貧血か低血圧かによって改善方法も違ってくるため、症状を見分ける必要があります。見分ける方法としては、医療機関で血液検査をすることでどちらの症状かを知ることができます。血液検査を行うことで、ヘモグロビンの濃度を知ることができるため、症状が酷い場合は検査して確かめたほうが良いでしょう。貧血の改善方法としては、ヘモグロビンの元となる鉄分を積極的に摂取していく必要があります。鉄分の多い食べ物としては、レバー、卵黄、あさりなどが挙げられます。低血圧の場合は、血液を綺麗にするDHA、EPA、ビタミンEなどを摂取していくようにします。